FAR EAST のシュトーレン

星降る夜はFAR EASTのシュトーレン

14世紀ドイツのザクセン州ドレスデンが発祥の地と言われ、その形からシュトーレン(坑道)と呼ばれ、また幼子イエスを包むおくるみにも見立てられます。クリスマスを待つ期間アドヴェントの各週末に、イエス・キリストの生誕の日が近づいてくることを祝ってシュトーレンを薄く切って食べるのが習わしとなっています。

FAR EASTのシュトーレンは・・・

生地の2倍もの量のドライフルーツとナッツを使って作ります。砂糖は使わずデーツシロップと蒸留酒に漬け、古代小麦で作った生地にスパイスと共に練り込みます。仕上げには椰子の花蜜糖をまぶし、13種類のドライフルーツとナッツを一つ一つデコレーション。練りこんだフルーツやナッツの風味が日ごとに生地へ移っていき味わいを増していきます。今年は自社製造の国産ドライフルーツのピールも生地に混ぜ込んだことにより、最後にフッと薫る柑橘が爽やかです。
今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマスがだんだん待ち遠しくなるシュトーレンです。

詳細はこちらから…FAR EAST の STOLLEN

タイトルとURLをコピーしました