HOME  ▶   PRODUCTS ▶ Jali Organic Project ▶ Jali ~Phase1~

FEHP_jali_phase1-3

Jali Organic Project ~Phase1~

父の遺言によりウガンダのビクトリア湖に浮かぶBussi島のJali村に 640エーカーの土地を譲り受けたことを知ったMoses Kibuuka Muwangaが、初めてその地を踏んだのは1995年のことだった。Mosesは1965年ウガンダに生まれ、幼くして資産家に引き取られエジプト、フランスへと移り住み、映像作家を生業とし、英国に妻子とともに暮らしていた。木製のカヌーを漕ぎ、パピルスが群生する密林の狭間を掻き分けてようやく辿り着いたJali村でMosesの眼前に現れたのは、赤い土と深い森の緑、そしてたわわに実る多種多様な果実であった。
FEHP_jali_phase1_001-2

「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダを象徴するかのような美しい小島に暮らす村の住人は300人程度でそのほとんどが不法定住者、つまり法的に居住の権利を持っておらず、96%以上が貧困層であり、未亡人や孤児の生活困窮度は高く、栄養失調が蔓延し、30%の児童FEHP_jali_phase1_004が発育障害、または低体重であり、乳児死亡率は11.2%に上り、平均寿命は42歳という有様であった。ウガンダのGDP546米ドルに比してjali村はそれを遥かに下回る112米ドル。しかしこの地にはなにより豊かな農業資源があった。パイナップル、マンゴー、バナナ、ジャックフルーツ、パパイヤ、コーヒー、キャッサバ等々ほぼ自生の状態で所狭しと実っているのである。 それまでは農業従事者の98%が自給自足農業であったが、農業経営基盤の創出・強化により、彼らの収入源が生まれ、生活基盤とすることができると確信したMosesは、長兄のEphraim Muwangaと共にこの地で住民主体のJALI ORGANIC ASSOCIATIONを立ち上げた。この長兄Ephraimもまた若くしてエジプト、キューバ、タンザニアと移り住み、農学者として経験を積み上げ1984年ウガンダに帰国したという経歴を持つ。 世界一美味しいと言われるウガンダのパイナップルに輪をかけてここJali村のそれは美味しいと確信出来てはいたが、土地の肥沃を生かしきれていない現状を憂い、Epharaimは農業技術指導に当った。プロジェクトの当面の目標は慢性的な貧困の解消、豊富な農業資源の有効活用、人材の育成、住民の社会的、経済的な発展である。医療・衛生施設が整えば救える命があり、教育環境が整えば自ら道を切り拓ける。孤児8人実子7人の母ジェーンは「現金があれば医者にかかれる。助かる命がある。」という。

phase1_beginning_002

これまで住民たちが収穫した作物は仲買人の搾取により、信じられないほどの低価格で買い取られ、売れ残ったものは廃棄されるがままであった。 JALI ORGANIC ASSOCIATIONではこれまでの5倍から7倍の価格で買い取り、これをドライフルーツに加工し、海外でマーケットを拓こうと考えたのである。 1995年から5年をかけて、住民の生活や農地の占有状況を調査、2000年から具体的な準備活動を始め、2005年から本格始動となった。準備期間に都合10年の歳月を要した訳だが、Muwanga兄弟は住民との話し合いに時間を惜しまなかった。当初は住民たちの警戒心が殊のほか強く、身の危険さえ感じるほどであった。所謂不法占有を続けてきた住民たちにとっては、突然に土地の所有者が現れた訳である。住民達は追い出されるくらいなら闘おうという構えであったが、予想に反してMuwanga兄弟は彼らに土地の所有権を与えたのであった。
FEHP_jali_phase1_006-2

phase1_movinon_002

以後住民達との話し合いの場を何度も何度も設けFEHP_jali_phase1_010-4て、
ようやくプロジェクトに向けて村が一枚岩となってきた。プロジェクトに賛同する電気も水道もガスもないこの村にまず最初に必用であったのは清潔な水。早速 井戸を掘った。工場も皆で作った。フルーツを乾燥させる為の機械も用意ができ問題は島への輸送であった。細い水路をくぐり抜けられて尚且つ数トンにもなる機械を運び込む為の木製フェリーを皆で作り皆必死で運んだ。これで最低限の設備と人材が揃った。

FEHP_jali_phase1_013-2

phase1_development_002

2008年には、英国のオーガニック認証を受け、ORGANIC FOOD AWARD を受賞し、英国市場への足がかりが出来た。本プロジェクトは、FAR EAST inc.と連携し、2010年度ジェトロ開発輸入企画実証事業で採択され、日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援を受け、製品レベルの向上、製造工場の改 築、日本市場の参入も果たした。敢えてドナーを募り、支援による形でプロジェクトを運営することに重きを置かず、現にある豊富な農業資源と住民たちはじめ プロジェクトメンバーによるビジネスでの運営を選んだ。厳しい選択ではあるが持続可能で強い社会基盤、経済基盤を Jali村 に作り上げるにはこれ以外にないというMuwanga兄弟の考えに他ならない。今後彼らにとって必要なのは彼らが作り出す製品を送り出す市場の拡大であ る。彼らが日本市場に寄せる期待は決して小さくはない。また日本市場に通用するべく努力も決して惜しまない。Muwanga兄弟の挑戦はまだ始まったばかりなのである。

Phase2のページへ

phase3のページへ