HOME ▶ Shachou'S NOTE ▶ バランス1番、元気が2番?

バランス1番、元気が2番? FAR EAST Inc. Blog

IMG_2472先日出かけたヨルダン。ある82歳のじい様が死海からほど近いところでデーツ農園をやってるからいっらっしゃいというのでじい様の運転するポンコツで行ってみた。どうやら立派な経歴を持つ農学博士だ。アラビア語の通訳さんが同行していたので、話はできるはずだったが、そのアラビア語を「今英語で何て言ったの?」と訊かれ通訳さんが途方に暮れていた。どうやら耳が遠いうえに自分の話すこと以外に興味がないので元々会話が成立しない。加えて元気過ぎるのでひじょうにバランスが悪い。僕の滞在先のアンマンのホテルの往復送迎が4時間超。じい様のよそ見と年代物のBMWが不安を煽る。道中休憩はしないし、この地域では稀な集中豪雨のなか切り立った崖っ淵をビュンビュンとばすから生きた心地がしない。車内が何故かものすごく暑いのは、エアコンをかけたら車が止まるから消しているらしいのだが、外はバケツをひっくり返したような雨なので窓は開けられない。こっちはいい加減クラクラしてきたが、体感温度がずれているじい様は相変わらず元気過ぎるのでゼンゼン休む気配はない。ようやく着いた自慢の農園はハエがワンワンだ。じい様入魂の工場では特に鼻息が荒い。箱詰めの作業場に案内されたが、従業員の女の子が床に落ちたデーツを一粒拾って箱にいれたのを見てじい様が「客の前でみっともないことするんじゃねェ。」と一喝。「知らなェし」的な女の子が怪訝そうに別の一粒を摘まんで床にポイ。続いて案内された自称氷点下18度の冷蔵倉庫は、どうひいき目にみても5度がいいところ。こんな調子でじい様の自慢はことごとく期待を裏切ったわけだが、幸いなことにじい様は善意でイッパイの人で終始楽しませてもらった。人間、元気が一番だが、「バランスが大事」と考えさせられたのは言うまでもない。