HOME ▶ NEWS ▶ 桜餅利休

桜餅利休 FAR EAST Inc. Blog

桜餅利休

京で生まれ、江戸へ下り、世に広まった和菓子。
季節の移ろいを菓子で表現し、日本人が古くから大切にしてきた様々な文化や 歳時記を伝えてきた。四季折々の菓子が存在するのは日本独自の文化であろう。

桜の便りが届く頃には桜の名をつけたものや桜の花を型取った和菓子が並び、 華やかな春の訪れを知らせてくれる。その代表が桜餅。

桜餅の歴史を遡ると、1717 年(享保 2 年)将軍徳川吉宗が江戸に花見の名所を つくろうと隅田川のほとりに多くの桜を植樹したことが始まり。花見客で賑わ うようになる。
しかし、落ちる桜の葉の処理に困った。ほとり近く、向島にある長命寺の門番・ 山本新六が桜の葉の使い道として、樽で塩漬けにした。
そして、クレープのような薄い皮で餡を包み、その塩漬けした桜の葉を巻き、 門前で売り出したところ、大繁盛。
桜の香り高く、甘さとしょっぱさが見事に調和するこの和菓子は多くの江戸の 庶民に好まれ、浮世絵にも描かれた。現在でも向島の和菓子店・長命寺桜もち では、当時から変わらぬ味を受け継いでいる。この「長命寺桜餅」は関東風と して知られる。

また、関西風として知られるのが京で生まれた「道明寺桜餅」。
大阪の同名の寺・道明寺が発案した道明寺粉は、戦国時代から武士の糒として 用いられた、もち米を蒸して干した後、粗く挽いたもの。この道明寺粉を蒸し あげ、団子状にして餡を包み、塩漬けした桜の葉を巻いたもの。もちもち、粒々 の食感が特徴。
地方によって、違った桜のお菓子の楽しみ方があるということは面白いことで す。

FAR EAST の桜餅ジェラートは道明寺桜餅を表現します。

3月15日(木)から数量限定販売、なくなり次第終了となります。

桜餅とお好きなジェラートでお召し上がりになれます。

コメントする
お名前:
Email:
URL:
コメント: