HOME ▶ Shachou'S NOTE ▶ ならず者食堂

ならず者食堂 FAR EAST Inc. Blog

ラマダンを待つおじさま達

昨日までラマザン真っ最中のトルコにいた。夏真っ盛りに朝4時頃から日没8時まで食と水を絶つもんだからみんな動かない動物のようになる。働けば喉が渇くし、腹も減るというわけだ。イスタンブールでは「そんなの気にしない」的な人達も見かけるが、田舎へ行くとそうもいかない。長老達も日が沈むまでカフェでジッと動かない。それでもこの国の人は目が合えば満面の笑顔で応えてくれるからウレシイ。僕は異教徒だし、お腹が空いたので食堂を探したけれど、食堂のおじさん×マーク。代わりおしえてくれた密かに開店している食堂行ってみた。カーテンで覆われた人目をはばかる「ならず者食堂」でふてぶてしい風情の男達に混ざって食べた田舎料理は、少々悪い気はしたが、やっぱり美味しかった。