HOME ▶ Shachou'S NOTE ▶ 壊滅。そして復興。③

壊滅。そして復興。③ FAR EAST Inc. Blog

頑張ろう東北連日、救援物資募集の呼び掛けに多くの「善意」が寄せられている。「何かしたいけれど、きっかけがない」という大半の方々の「思い」を「救援物資」という具体的な形として届け、「物資が足りず、必要としている人」と繋ぐのが今回の「救援物資輸送」だと考えている。これらの善意は受けた方々が何かの折に想い起こし、いつの日かまた誰か困っている方へとリレーのように向けられると信じている。さてここのところ「元気のない東京」が目に障るが、いい加減「自粛」の強迫観念を捨てて、「元気」を取り戻したいところだ。花見、桜祭りはおろか夏祭り、花火大会まで中止の決定が相次いでいる。被災地では普段の生活、元の生活を取り戻そうと必死でいるというのに、「東京」は一体どこまで助力にならない「自粛ムード」を漂わせ続けるつもりなのだろうか…。「気遣い」「心配り」と「付き合って落ち込む」とでは大きく結果が異なる。被災を免れた人は、せめて被災地へ注意を向け、この災害を忘れることなく、「頑張ろう!!東北!」「頑張ろう!!日本!」と沈みかけている日本丸を浮上させるべく、牽引役となり、発熱体となり、盛り上げていくべきと考えるのは僕だけではないだろう。